2012年10月04日

気持ちを伝えるチャンスをつくろう!〜ツイッターでつぶやく技術〜140字で魅せる方法〜


■ 気持ちを伝えるチャンスをつくろう!
  〜身近と近況を使い分ける〜


ツイッターでつぶやく技術〜140字で魅せる方法〜第63回


「ツイッターでは身近なことをつぶやくといい」


これはよく言われていることですよね。たしかに身近なことだったらつぶやきやすいものです。


ただし、これを文字通りに受け取らないほうがいいでしょう。


私も「身近なこと」はよくつぶやきます。


▼わたくしタカのツイッターアカウント


ほらね? タイムランをサラッとみてもらうとその様子がわかると思います。


……ってどこが? と感想を持たれた人もいるかもしれません。


どこ行ってなに食べてそれからあれしてこれして……みたいなつぶやきはほどんどありません。


無理にそういったつぶやきをしないようにしているわけではなく、このアカウントではそういうのをあまりしていないだけです。


それでも「身近なこと」はガンガンつぶやいています。


いったいどういうことなのか?


身近なことといった場合、それは個人的な近況(いま何してて、どこ行って、なに食べて)だけではありません。


ツイッターではそうした近況はつぶやきやすくて人気ですが、コミュニケーションのきっかけはそういった近況だけではないのです。


たとえほんとうに親しい家族や友人たちとのやりとりに限定した(いわるフォロー承認制)ツイッターの使い方をしていても、近況以外のコミュニケーションのきっかけは無いよりはあったほうがいいでしょう。


では、近況以外で身近なこととはどんなものでしょうか。それによってコミュニケーションのきっかけになるようなものとは?


それはニュースです。


先ほど紹介した私のツイッターアカウントではニュースのタイトルをつぶやくことがあります。それらニュースの選択基準のひとつは、フォローしていただいているみなさんにとっても身近なものであること。


フォロワーさんにとって身近な(におもえる・になる可能性がある)ニュースを選び、より広く興味を持ってもらいやすいタイトルをつけてツイートしています。


逆にいえば「このニュースについてどうしてもひとこと言いたい!」と多くの人が思うようなニュースはほとんど取り上げていません。


なぜなら(一般的に)人はそれら「何か言いたいニュース」は放っておいても自らどんどん取りにいくからです(例:自民党総裁選挙の結果)


どうしてもひとこと(だけじゃ満足しない)言いたいニュースがあるということは、その話題をいつも追いかけているわけです。追いかけている人を追いかけて競争して1分1秒でも早くそのニュースをつぶやいた(知らせた)として、そこにたいした意味はありません。


昼休みに大人気の焼きそばパンをゲットすべく廊下を猛ダッシュするクラスメイトを追いかけるだけのことにたいした意味がないのと同じです。


自ら取りに行くタイプのニュースではなく、追いかけているわけじゃないんだけど実は身近な話題。そういうニュースは見落としがちです。


個人的な近況だけでなく、そういった身近(に感じられる)ニュースもまた気持ちを伝えるといったコミュニケーションのきっかけとして有用なのです。


だからこそ、そういったものを丁寧にすくいあげて調整しながら提供する。このときの「身近」という意味は、興味・好奇心といったものも含まれます。実際には直接関係ないといえるものでも、人は興味があればそれを身近に感じるからです。


お気に入りの歌手やお笑い芸人。それにスポーツ選手なんかが良い例ですね。


そして読者は新しい情報を得ると同時に、その過程も含めて楽しみたいと思っていることも忘れてはなりません。


そういう願いに合った話題を的確な形で提供する。そんな身近なニュースこそツイッターやスマホでは大いに注目すべきものなのです。


特に気軽にリアクション(RTやQT)できるニュースはツイッターと相性がいい。ほかにもツイッターに限らず身近なニュースをきっかけに気持ちを表現できるツールやサービスとの相性はバッチリです。


これに該当する、私が最近つぶやいたニュースのタイトルがこれです。

↓  ↓  ↓
-----------------------------------------------------------
【ソニー楽曲をiTunesで配信へ?小室哲哉が明かす】
 http://bit.ly/SKyCnM

【マクドナルドが朝コーヒー1杯無料 10月1-7日】
 http://bit.ly/LRQKb

【TDL初 シンデレラ城で結婚式 費用は…】
 http://bit.ly/SHajHA

【「ツインテール祭」美女40人集結】
 http://bit.ly/Qxmdlf

【「こどもの城」閉館へ】
 http://bit.ly/S527RB

【ハイウェイカード払い戻し 2016年度で終了 未使用残額30億円】
 http://bit.ly/QyZCSC

【「パチンコガンダム駅」に行ってみた iPhone『iOS6』のマップが表す場所】
 http://bit.ly/SboFyq

【あなたの知らない牧羊犬の仕事 めっちゃカワ!】
 http://bit.ly/SHUtXM

【Twitter 全過去発言のダウンロード可能へ】
 http://bit.ly/PRjjUU

【じゃんけん大会 真の勝者は“岩”だった!】
 http://bit.ly/QAEOuf
-----------------------------------------------------------


いかがですか? ちょっと気になったり、おもわずリアクションしちゃったりしそうなものばかりでしょ?


これらニュース(話題)は、個人的な近況ではありませんが、身近なもの(となる可能性がある)です。


私はツイッターの特徴をふまえてこれと相性がいいかたちでニュースを利用しています。


ここでいうところの「身近なこと」をガンガンつぶやいて、結果的にフォロワー数が7万5千(2012.9現在)を超えている。


ツイッターはどちらかというと広げることに向いているツールでありサービスですからフォロワー数としてわかりやすく表示されているわけですが、ごく親しい人だけとのコミュニケーションであっても「近況」のほかに「身近なこと」をプラスすれば、それだけ気持ちを伝えるきっかけが生まれます。


ツイッターをオープンで利用している人も、いわゆる鍵付きの承認制で親しい人たちだけ利用している人も、ツイートやコメント付RTなどで気持ちを伝える機会は少ないよりは多いほうがいいでしょう。


ニュースを使う・使わないというよりも、どうやって使うかを考えるとさまざまな使い方のバリエーションが生まれ、コミュニケーションの機会も増えます。


ニュースは応用範囲が広いんです。どこでどう使うか。これがポイントです。


そして忘れてはならないのが、ツイッターがとてもアクション派だということ。


フォローする、つぶやく、RTする。そういった行動をする機会があるなら、どんどんアクションをしたいはずです。


それなのに、実は意外と「何をつぶやけばいいのか」と思ってしまうケースは多いでしょう。つぶやいても何のリアクションもないと楽しくないので、ついニュースを題材に批判っぽいツイートを連発してしまう。


すると同じように批判をしたい人だけが反応する。そうした繰り返しでなんとなくアクションをしているようでありながら自分の大事な気持ちはちっとも伝わらないと感じる。そんな経験はないでしょうか?


ツイッターでなんでもつぶやける。でも自ら発信するつぶやきをするのはけっこうたいへんです。


それでもアクションしたい欲求はある。だから何かについてリアクションするほうがはるかに気が楽で、文字通り楽しいと感じるでしょう。


そういったリアクションしやすい話題の中から、批判ではなく素直な気持ちを表現しやすいものを提供する。サッカーで例えるならパスを出す。


アクションによって気持ちを表現する。そのチャンスを広げる有効なものがニュースであり、その選択と提供の仕方がパスを出すということなのです。


チャンスは待っていてもなかなか訪れません。たとえチャンスが到来してもそれに気づかないことだってある。


ならばチャンスをつくればいい。いいセンタリングを蹴ればいい。


いいボールを蹴るにはそれなりの技術と練習(訓練)が必要です。そこで活躍するのが魅力的なタイトル作成法というわけです。


題材(話題、ニュース)はたくさんある。あとはどう使うかです。


ぜひあなたも自分なり題材(話題、ニュース)の使い方をみつけてみてくださいね。


●チャンスは待っていてもなかなか掴めない。ならばつくればいい


●いいボールを蹴るにはそれなりの技術と練習(訓練)が必要


1万突破の秘訣「ツイッターでつぶやく技術 140字で魅せる方法」第63回はここまで。



----------------------


この記事はメルマガ「わかりやすい日本語で (Plain Japanese)」2012.09.30発行号に掲載したものです。最新情報をご希望なら今すぐ読者登録を☆



posted by タカ at 20:27 | TrackBack(0) | ツイッター140文字で魅せる技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

禁じ手はほんとうにあるのか〜ツイッターでつぶやく技術〜


ツイッターでつぶやく技術〜140字で魅せる方法〜
   
注:ツイッターの使い方は人それぞれです。それぞれのいろいろな使い方を否定するものではありません。

注:ここでは「ツイート」と「つぶやき」は同じ意味で用います。



■ 禁じ手はほんとうにあるのか


ツイッターには禁じ手があるともいわれます。そのひとつが「売り込み」です。


ご存知のようにツイッターは「気軽にゆるく」が特徴ですから、いきなり「買って!買って!」では興ざめしてしまいます。


ビジネス目的のツイッターアカウントであっても、ビジネス目的だからこそいきなり直接的な「買ってちょうだい音頭」を踊られてはフォローされない・リムーヴされるの繰り返しでしょう。


まずは読者が喜びそうな情報やそのきっかけを提供してどんどんファンを増やしていきましょう。


ツイッターは自分や会社を知ってもらったり信頼してもらったりするための下準備に向いています。


知ってもらうというのは、存在だけでなく、表面だけではわからないマインドもです。


つまり、ブランディングができるのです。


お店なら、どうしてお客さんはアナタのところで買うのか。それはアナタの店が他とは違うと区別されているからです。


買うことを決めているなら、どこの店ともしらないところより、自分が知っていて安心して楽しんで買い物ができる店にしたいと思うもの。


ここでの「知っている」は「他と区別している」という意味です。


どこの誰ともわからない人の言うことなんて、たいていは見向きもしませんよね。


でも「知っている=知人」の言うことなら耳を傾けるでしょ? これが普通です。


ところがツイッターは普通じゃないんです。


ツイッターでは初めはどこの誰ともよく知らない人の言うこと(つぶやき)でも、それが魅力的ならば目とをとめてもらえます。


きっかけをつくることができるのです。きっかけさえできれば、その先は信頼されるアカウントを築き上げていくことに力を注げばいいのです。


では信頼されやすいアカウントとはどんなものでしょうか。



■ 但し書きを考えよう


その例のひとつは、噂や常識とされるものに左右されない安定感があるアカウントです。


はじめにお話したとおりツイッターでは売り込みは控えるべきだとよくいわれます。


たしかにそのとおりですが、これには但し書きが付きます。


いきなりの売り込みは控えるほうがいい、というものです。


そもそもビジネスであれプライベートであれ、売り込みがゼロというのはまずありません。


意中の相手(彼・彼女)がいるとしましょう。アナタはその相手と親しくなるためにきっと何かをするでしょう。その何かをわかりやすくいうと、自身の売り込みです。


私はこんなにあなたのことを想っている、こんなこともできる、こんなことをしてあなたを喜ばしてあげられる、といったように自分を売り込むわけです。


アピールするといえばよりわかりやすいですね。


つまり、どんな人間活動もアピール=売り込みは少なからずあるわけで、むしろそれがうまくできれば他人に喜ばれ、他人が知り合いに、友人に恋人に、伴侶になるかもしれない。ビジネスなら新しい取引先になるかもしれない。


だから、ツイッターで売り込みがダメと聞いて「はい。仰せのとおりに」と言いなりになってしまってはそこまでなのです。


ルールを守ることは基本として大事ですが、ツイッターで売り込みをしてはいけないというルールはありません。どう使ってもいいわけですから(常識の範囲内で)。


「売り込みは控えたほうがいい」はいわば前提の話であって、そう聞いたら、その但し書きを自分で考えてみるのです。


簡単な例はさきほどお話したとおり「いきなりは」という但し書きです。


もうちょっとツッコんでいうと、ストレートに「買って!買って!」と叫んでばかりいると思われるからフォローされにくくリムーヴされやすいわけですから、ではどう考えてどうしたらいいのか。



■ ツイッターを「街」と捉える


それは、以前お話したとおりにツイッターを「街」と捉えることで道が開けます。


仮にここに人口1万人の街があるとします。街を歩くAさんはそこで人々の様々な会話や心の声を耳にします。


カフェの隣の席ではおばさまたちが駅前のスーパーは今日が週1回の特売日だと話しています。


窓際の席で雑誌をめくっているお姉さんは「きょうは映画の日♪」と心の中でつぶやいています。


カウンター席の青年はイヤホンをしながら「やっぱYUIの新曲はまたしてもアタリだな!」http://amzn.to/dZY2vq と心の中でつぶやいています。


街の喫茶店で一服しただけで、早くも3つの情報が飛び込んできましたね。


このときAさんは「売り込みされた」と感じるでしょうか。おそらくそこまでは感じないでしょう。有益な情報が聞けたと喜ぶのではないでしょうか。


喫茶店にやってきて交流した友人は「こんど堀北真希の演劇を観にいくんだ」 http://www.jd2010.jp/ とニコニコしています。


「へぇ〜どんな芝居?」「ジャンル・ダルクっていうんだ」「ボーイッシュな魅力があるから似合いそうだね。おもしろそう」「チケットまだとれるよ」「え?マジ?」「とってあげよっか?」「ラッキー!」


そんな会話もじゅうぶんにあるでしょう。このときAさんは売り込みをされたと感じるでしょうか?


ツイッターを「街」と捉えれば、そこでの会話や心の声や出来事をきっけにした自身の行動は、見聞を広めたことによる自分の意思の結果だと考えるでしょう。実際そのとおりですね。


リアルの街を歩いていて「いらっしゃい!バナナ安いよ買って!」と言われたって、それが要らなければ買わないですよね。


バナナを買おうとおもって街にやってきた人は少ないかもしれないけれど、バナナを売りたいなら「目的じゃなかったけど買おう」と思ってもらえるような方法を考える。これはあたりまえですね。


ツイッターを「街」と捉えると、そこを歩く、または車で移動する人がみんな買い物が目的だとは限りません。


でも、おもしろそうな、いいなと思えるようなものを発見したら買うかもしれない。だから財布を持って歩いている。何に出会うかわからないワクワク感は常にあるわけです。


だからツイッターはリアルな「街」と基本はそんなに変わりません。いや変わりますね。だって街ゆく人の心の声もきけちゃうんですから。



■ アナタがテレパシー能力者に


まるでテレパシー能力者になったようなものです。会話であれ心の中のものであれ、聞きたい声だけを選んでどんどん聞ける。リアルな街より「声」はたくさん入ってくるでしょう。


リアルな街で買い物する場合だって、迷ったときはお目当ての商品の売れ具合や口コミをケータイでチェックすることはありませんか。


そのうえで実物を手に取って買うか買わないか決断する。そんな光景はよくあるでしょう。


手に取ってみるまでもない、その必要がない商品やサービスの購入ならわざわざリアルの街に出かけるまでもない。


それはよくある光景というか、いまや常識といってもいいでしょう。


だからツイッターを「街」と捉えると、ツイッターで売り込みをしてはいけない、という額面どおりのことばを鵜呑みにしてはそれまでということです。



■ 非常識な方法でアカウントの強化を図る


私の https://twitter.com/wakataka3 のアカウントではアフィリリンクだってつぶやきます。それでもあまりリムーヴされません。


なぜなら「買って!買って!」と叫び続けているとは思われていないからでしょう。


タイトルを作成するのと同じように、商品やサービスの良さや魅力を引き出し、こんなときにこんなものがあるよとおすすめしたいものを紹介すれば、それはコンテンツになります。


もしもたったひとつのアフィリリンクをつぶやいただけでごっそりリムーヴされるなら、まだ基礎が出来ていないのです。信用されていないのです。


https://twitter.com/wakataka3 の場合、ニュース記事へのリンク付きのタイトルを作成してつぶやきますし、自分で書いたブログやサイトの記事へのリンク付きタイトルだって作ってつぶやきます。メルマガの記事へのリンク付きタイトルだってそうです。


もちろん140字で収まるつぶやきだってします。いろんな種類のつぶやきをしているからこそ、アフィリをつぶやくだけのアカンウトとは認識さていないのです。そうなるよう意図したアカントであり、あえてアフィリリンクもつぶやくことでアカウントの強化を図っています。


ふつうはやらないような非常識ともおもえるようなことをガンガンやっているのです。


アフィリリンクひとつをつぶやいただけでごっそりリムーヴされるようなアカントなら、それまでということです。


またそれをおそれてアフィリリンクひとつもつぶやけないようでは、まだまだです。


おもしろい情報、為になる情報、ちょっといいなと思える雰囲気を少しでも提供できていれば、アフィリリンクだって、というかアフィリリンクこそが魅力的で強力なコンテンツにだってなりうるのです。


ツイッターでアフィリリンクをつぶやけと言っているわけではありません。


実際にアフィリリンクをつぶやくかどうはさておいたとしても、それをしたぐらいで何かが大きく崩壊するならそれまでであり、むしろ大きな力となるとおもえるぐらいの気概があれば、何をやっても結果はついてくるということです。


おそらく多くの人は「ツイッターでは売り込みはNG。ツイッターでは誰も買い物しようとはおもってはいない」と耳にすると、なるほどそのとおりだなと納得して、そこで閉店ガラガラとシャッターを下ろしてしまう。


「ツイッターでは売り込みはNG。ツイッターでは誰も買い物しようとはおもってはいない」は、たしかにそのとおりです。


でも但し書きや修正を加えるとこうなります。


「ツイッターではいきなりの売り込みはNG。とはいえそもそも人間活動は少なからず売り込みであるから、それをすべて否定しては魅力的なアカントはできない。ツイッターを『街』と捉えれば、だれもが買い物目的ではないが、いいなと思えるようなものに出会ったらそのチャンスを逃さないだろうことはリアルな街と変わらない。むしろモノやサービスによってはリアル以上だ」


このように考えて実践してきた結果が https://twitter.com/wakataka3 ですから、そんなに的外れではないでしょう。



■ 指示待ちくんは登山口をはしごする


「ツイッターではこうだ」と誰かに言われたからといって、はいそのとおり!というだけでは、いつまで経っても「指示待ちくん」みたいなもの。


「ツイッターではこうだ」と耳にしたら、なるほどそういう捉え方もあるのか……とするとこういうふうにも考えらないだろうか……では次はこうしてみよう、と考えて実践する。


いろいろとアドバイスを求めるのはその答えを知るためではなく、その答えを探る材料にするためと考えられれば(例えばですが→)高額なコンサルタント料を払い続ける必要はないわけです。


有料であれ無料であれアドバイスをする人の多くは、いわばバージョン1.0しか教えてはくれません。それはちょっと調べたり体験したりすれば行き着く登山口みたいなものです。


そのバージョン1.0に自分なりの工夫やその結果を上乗せした修正版は、おそらくめったに出さない人がほとんどえしょう。そこは独り占めしておきたいからです。自分だけが頂上を目指したいから。


ちなみに今回のこの記事は私なりのバージョン1.5の修正版です。私も日々試行錯誤を続けていますから、いきなり2.0は出せない。これは技術的な問題です。


でも考えてみてください。たった0.5の修正をしただけで約3万のフォロワーさんがいるアカウントを持てる……と。


アナタならもっと上手に早くバージョン2.0やバージョン3,0ができるかもしれません。バージョン1.0からでも、タカ版バージョン1.5からでも、これらを参考にアナタバージョンをつくってみてくださいね。


●ツイッターではいきなりの売り込みはNG。とはいえそもそも人間活動は少なからず売り込みであるから、それをすべて否定しては魅力的なアカントはできない。ツイッターを『街』と捉えれば、だれもが買い物目的ではないが、いいなと思えるようなものに出会ったらそのチャンスを逃さないだろうことはリアルな街と変わらない。むしろモノやサービスによってはリアル以上だ。



※本サイトでは、ツイッターの本記事のほんの一部しかUPしていません。いま(なう)で旬な内容を読みたいお方は、メルマガにてどうぞ。
「ツイッターをどう捉えるか」から「具体的なつぶやき方」「リツイートされる技術」まで。だれでも1万突破できる、その道筋と方法をズバリお届けしています。

メールマガジン
▼「わかりやすい日本語で(Plain Japanese)」
明快な文章の書き方。みるみるわかりやすい文になるリライト術を公開。人目を惹くタイトル作成法から、わかりやすい案内文、説明文、広告文、お知らせ文の書き方まで。
86日でフォロワー1万超 できる1万突破!「ツイッターでつぶやく技術〜140字で魅せる方法〜」連載中。
ツイッターを楽しみながら魅力的な140字を投稿し、どんどんフォロワーさんが増える方法をお届けしてます。つぶやき方を学べるのはおそらくここだけ!
まずは1万突破の心構えから具体的な技術まで。旬な今こそ知っておくべきことが満載です。今なう)すぐ登録しましょう。 無料。いつでも解除できます。

▼私のツイッターアカウント(わかタカ)
 https://twitter.com/wakataka3
(開始86日でフォロワー数1万超)

--------------------------------------
▼もう読みましたか?
読んだ人はもう新たな道を歩みはじめています。

読み返してみた人は、その道の両脇に並ぶ家や店、そして行き交う人々の活況な様子を感じているはずです。

私は1万突破までこの本しか読んでいません。もっとじっくり読みながら素直にやれば、1万突破するのに86日もかからなかったことでしょう。

わかりやすく、気軽に読めるツイッター定番本。

はじめる前も後も、読みたい、読むべき本です。

夢をかなえるツイッター ~いいことが起こるつぶやきのコツ
夢をかなえるツイッター ~いいことが起こるつぶやきのコツ
おすすめ平均
stars初心者から使い慣れた方まで
starsワクワクしました。
starsTwitterの可能性が広がる1冊です。
stars夢をかなえた事例がいっぱい!
stars一つの具体例なので参考にしやすい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



posted by タカ at 00:07 | TrackBack(0) | ツイッター140文字で魅せる技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。