2010年06月13日

楽な姿勢は?


<例文>

「A氏は出馬に前向きだった姿勢を翻した」


<解説>

翻すには、それまでの態度や発言とは反対のことをしたり言ったりする、という意味があります。

「姿勢を翻す」では合いませんね。

では仮に、辛い姿勢を楽にするにはどうしますか?

もしも「姿勢を翻す」としたら、それまでとは反対の姿勢をしなくてはなりません。

反対の姿勢が楽とは限りませんよね。

辛い姿勢から楽な姿勢にするためには、反対に限定することはないのです。どんな姿勢が楽かは人それぞれですから。

姿勢に合う言葉は「変える」です。


<リライト例>

「A氏は出馬に前向きだった姿勢を変えた」

どうしても「翻す」を使いたいならば以下のようにしましょう。

「A氏は出馬に前向きだった意思を翻した」



この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153152301

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。