2010年01月08日

なるべくボロが出ないようにするには


<例文>

「以前のように活発に動かなくなった最近の子供は、足腰の筋力がついていない子供が多いようだ」


<解説>

これは、無意識で使っているであろうケースが多くみられる、注意しなければならない「●●のように○○でない××」という形の文です。

例文は2つの意味に解釈できます。


■「以前の子供は活発に動いた。しかし最近の子供は活発に動かない」

■「以前の子供は活発に動かなかった。それと同じく最近の子供は活発に動かない」


このようにあいまいな文の典型が「●●のように○○でない××」の形なのです。

ほかにも例文のおかしな箇所をみつけてみましょう。

まず「以前の子供」。いったいなにを基準にした「以前」なのでしょうか。

おそらく書き手のいいたいことは「昔の子供」でしょう。

それから「最近の子供は●●な子供が多い」もリライトしたようがいいでしょう。

なぜなら、一文のなかに「子供」を2度使っているからです。

「最近は●●な子供が多い」とすれば「子供」という単語を一度使うだけで済みます。

また「活発に動かなくなった子供」は冗長です。

「活発」には、いきいきとして勢いのよいさまや、活気のあるさまの意味がありますから「動」をセットで使う必要はありません。

そして「子供」は大人に対する小児の意味もありますが、「ども」は複数を表す接尾語でもあります。なので「子供」と「多い」の組み合わせに留意しましょう。

さらに「足腰の筋力がついていない子供」がほんとうにいたら、歩くことさえできません。病気でもないかぎり、筋力はゼロではないと考えるのが普通です。ですから「足腰の筋力がじゅうぶんについていない」とすべきです。


<リライト例>

「昔は活発な子が多かった。けれども最近はおとなしくてあまり運動をしないために足腰の筋力がじゅうぶんについていない子が多いようだ」


文の形を「昔は●●」「今は●●」に変えたので、それに合った語句を用いました。

今回の例では、昔の子は「活発」で最近の子は「おとなしい」という対比を明確にしました。


長い文が格好いいと思っている人もいるでしょう。けれども文は長ければ長いほどボロが出やすくなります。

ボロを隠そうと「テン」を多用すると文のテンポが崩れ、ガクンガクンとクラッチが繋がりにくいエンスト寸前の車みたいになってしまいます。

だからボロが出ないようにするには、なるべく短い文を書きましょう。

今回の例文は、いいたいことを一文にすべて収めようとしたために「あいまい」になってしまった典型です。

一文で書けるとおもっても、まずは短い文に分けてみましょう。

格好をつけたつもりでもボロが出てダサくなる。それよりも、短い文でわかりやすくする。すると、なんということでしょう! 格好よくなるのです。

格好いいかどうかは主観ですから別にしても、すくなくともあいまさは回避できます。わかりやすくなります。文のテンポを整えやすくなります。すると、スマートな文になるのです。



この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/137723792

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。