2010年01月07日

アナタだけの言葉で魅力を伝えよう


魅力的なタイトルを付ける練習はどのようにすればいいのか、という疑問を持つ人へ。


楽しみながらできる練習法をご紹介しましょう。


それは、映画のタイトルやキャッチコピーを考えるというものです。


アナタだけの言葉で映画の魅力を伝えるのです。


作品を観て、その魅力をどう伝えればより多くに人々に興味を持ってもらえるかを考えるのです。


これは読書感想文を書く練習にもなります。


よくありがちな読書感想文は、その9割ほどを物語のあらすじが書かれているというものです。


いうまでもなく、読書感想文を書かせる目的は、あらすじを知りたいからではありませんね。


本を読んでどう感じ、それをどう伝えるか。


それを試されているのが読書感想文です。


本も映画もひとつの作品に違いありませんから、興味を持った映画を観てその魅力を伝えるタイトルやキャッチコピーを考えるのは読書感想文を書く力を養うことにもつながります。


ではさっそく例文を提示しますね。



▼半裸に赤マントのオヤジ系マッチョ軍団が大ハッスル!
 新感覚アクション「早回し DE スローモーション」にド肝抜かれろ!



どうやらアクション映画のようですが「半裸に赤マントのオヤジ系マッチョ軍団」ってなんでしょう?


おっさんプロレス?


「早回し DE スローモーション」って、矛盾してない?


このように疑問が次々浮かびますね。


さらに「大ハッスル!」「ド肝抜かれろ!」とありますから、強烈な印象を与える映画だろうと推測できます。


一見すると、かなりフザけたようにも思えるかもしれませんが、はじめの「半裸に赤マントのオヤジ系マッチョ軍団が大ハッスル!」は映画の内容を表しています。


そして「新感覚アクション『早回し DE スローモーション』にド肝抜かれろ!」は、映画の特徴や見どころを現しています。


内容、特徴、見どころ。


これらををしっかり伝えていることがわかるでしょう。


おさえておくべきところはしっかりおさえ、刺激的なフレーズで注目を集め、期待感を抱かせます。


さて、この作品の正式なタイトルは何でしょうか。


こたえはこちら。



posted by タカ at 09:12 | TrackBack(0) | 明快に伝える日本語力の磨き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。