2009年09月26日

鏡の国の住人


若い女性への「デートでこんな男性はイヤ!」というアンケートで、街中のショーウィンドウに映った自分の姿をチェックして髪型を直す男、という答えがありました。


これはナルシストっぽい男性がイヤということなのでしょう。


たしかにショーウィンドウに自分の姿が映るごとに、決めポーズをとって髪型や表情をチェックされるのはいかにもナルシストっぽくてイヤかもしれません。


良いほうに考えるならば、一緒に歩く女の子のためにも、ちょっとでも見栄え良くなるよう身だしなみに気を使っているととらえることもできます。


でもそれなら、自宅でしっかり身だしなみを整えてくるとか、トイレに行ったときにチェックするとかすればいいのに、と思えるので女性にとってみれば「私のためというよりも自分のために一生懸命になっている男」と思えるのです。


そもそもデートの目的はなんでしょう?


一般的には、お互いに好意を持っているふたりで楽しい時間を共有すること、ではないでしょうか。


一緒に楽しい時間を過ごすことが目的なのに、ショーウィンドウに自分の姿が映るごとに決めポーズをとって髪型や表情をチェックする男性の行為によって、女性はひとりぼっちにされたように感じてしまう。


こうなると、デートの目的を達成することが難しくなります。


さて「バンコック・デンジャラス」という映画作品があります。


ニコラス・ケイジ演じる冷徹なプロの殺し屋ジョーが、仕事でタイのバンコクにやってきます。


アシスタントに現地の青年コンを雇い、やがて自分の弟子として仕事の技術を教えはじめます。


ふたりで街を歩きながら、ジョーは防御の最良の方法をコンに教えます。


ジョーはコンに尋ねます。


赤いジャケットを着た男を見たか?


コンは周囲を見渡し、どんな男? と聞き返します。


これに対してジョーはこんなふうに言います。


俺たちはいま鏡の国にいる。店の窓やビルのガラス。車やバイクのバックミラー。磨かれて反射する物すべてに気を配り、背中にも目を持て。


するとたしかにバイクのミラーに赤い服を着た男が映っていました。


ジョーの教えはこうです。


防御の最良の方法は予知すること。周囲に気を配り状況を把握すること。


街を歩いていれば、ふつうは前方しか見ません。大きな音がしないかぎりは背後を振り返ることもないでしょう。


しかし、殺し屋としての仕事をするなら防御の最良の方法を知って常に周囲に気を配り状況を把握することが必要だというのです。


殺し屋というのは物語の世界の話ですが、つまりはそれぞれの目的を達成するには、それぞれに合った最良の方法を知って実行しなくてはならないことを私たちに教えてくれます。


デートという目的を達成するには、デート中は自分だけの世界に浸ることなく、ふたりで楽しむにはどうすべきかを考え、相手にひとりぼっちだと意識させない工夫が必要です。


ある目的を達成するためには、自分以外の部分に気を配ったり周囲の状況を把握するよう努めるのです。


自分のことは少々放っておいてもかまいません。


なぜなら、人がもっとも関心を持つのは「自分」だからです。自分のことは自分が思っている以上に、人はじゅうぶんにケアします。


無意識でも外出時には玄関の鏡でパッと自分の姿をチェックしますし、出先のトイレで手を洗えば目の前の鏡で自分の姿をチェックします。


ですから、ある目的のためには周囲に気を配り状況を把握するよう努めましょう。


これは無意識ではなかなかできません。意識して行うことで徐々に予知できるようになります。


何を予知するのか。


殺し屋なら、迫りくる危険を。


文章なら、わかりにくさや誤解を招く危険を。


私たちは、どんな世界で生きているでしょうか。


田舎の道路の鏡にだって姿が映ります。


山中の池の水面にだって姿が映ります。


私たちは、鏡の国に生きているのです。


★鏡の国の住人であることを意識する

★周囲に気を配り状況を把握する(読み手への想像力を働かせる)。

★文章に迫りくるわかりにくさや誤解を招く危険を予知して回避する。


--------------------
バンコック・デンジャラス デラックス版 [DVD]バンコック・デンジャラス デラックス版 [DVD]

ジェネオン・ユニバーサル 2009-08-21
売り上げランキング : 17668

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



新装版 日本語の作文技術
新装版 日本語の作文技術
講談社 2005-09-10
売り上げランキング : 19693

おすすめ平均 star
star「教師」と名のつく人の必読本
starわかりやすい文を書く教科書です。
starわかりやすい文章を書くための基本がシンプルにまとめられた一冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読めそうで読めない間違いやすい漢字第2弾読めそうで読めない間違いやすい漢字第2弾

読めそうで読めない間違いやすい漢字 読めそうで読めない漢字の本―あなたに挑戦!正しく読めますか? (二見文庫) 読めないと恥ずかしい漢字1500 -日本人なら、これくらいは知らなくちゃ! 間違えると恥ずかしい日本語500 漢字でゼッタイ恥をかかない本―10日間で完璧マスター! (ムックの本)

by G-Tools



posted by タカ at 13:04 | TrackBack(0) | 明快に伝える日本語力の磨き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。