2009年09月25日

どこを押しますか?

<例文>

 ここを押してしてください↓
                ●


<解説>

あなたならどこを押しますか。

おそらく「●」を押すでしょう。

しかし読み手は「ここ」と書いてあれば、まずは「ここ」に注目します。

「ここを押してしてください」と書いてあれば「ここ」を押すんだな、と考えます。

なぜなら「ここ」を押してくださいと書いてあるのですから。

実際には「ここ」を押すのではなく「↓」で示した先の「●」を押してほしいならば、場所を指し示す「↓」と実際に押す場所である「●」をなるべく近い位置に置きましょう。


<リライト例>

ここ↓を押してしてください
   ●


--------


さて、ウェブサイトでは以下のような文でハイパーリンクを設定する際には工夫が必要です。


<例文>

ここをクリックしてください」


<解説>

例文の「ここ」だけでなく、一文すべてにハイパーリンクを設定しましょう。

なぜなら「ここ」にだけハイパーリンクを設定すると、クリックできる範囲は2文字分だけですが、一文すべてに設定すれば13文字分のクリック範囲を確保できるからです。

クリックできる範囲が広いほうが目立ちますし、カーソルを合わせやすいのでクリックしやすくなるからです。


<リライト例>

ここをクリックしてください



--------------------------------------

■「読めそうで読めない間違いやすい漢字」


 聴衆を魅了する演説の秘密が明らかに!?
▼オバマ大統領の就任演説を収録した本




この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128834689

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。