2009年09月02日

セットで使おう

<例文>

「総選挙の投票当日、トレビアンニュースは取材に行くことになった。
さてこの段取りなのだが、広報が実に親切かつ丁寧。
ほかの党ではウェブ媒体は別扱いするところもある中、歓迎ムードでト
レビアンニュース(livedoor ニュース)を迎えてくれた。
この日、党にいた取材陣はドワンゴとPJニュースなどだ。決して多くは
無くまた会見場も広々とはしていない。この後移動した民主党の会見場、
ラフォーレミュージアム六本木との違いは歴然としていた。」

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/4325865/




<解説>

例文はニュースサイトに掲載されたニュース記事の一部です。


では、さっそく例文を検証していくことにしましょう。


取材に行く段取りがどうした? → 広報が親切かつ丁寧。


この展開はおかしいですね。


段取りとは、事を運ぶための順序のこと。事がうまく運ぶよう、前もって手順を整えることです。


例文では、取材に行く段取り、つまり手順をどのように整えたかについての話が始まるはずが、急に「広報が実に親切かつ丁寧」となっています。


おそらく書き手は取材の手順を伝えたいのではなく、取材の手順を含めた段取りの中で党に取材の申し込みを行った際の応対がどうだったかを伝えたいのでしょう。


もしそうならば「さてこの段取りなのだが、」は不要です。


また「取材に行くことになった。」とするよりも「取材に行った」とすれば、党の応対がどうだったかに焦点を絞ることができます。


「取材に行くことになった。さてこの段取りなのだが、」は、取材する側の都合の話であって、いわば「我」が出てしまっているわかりやすい例ですね。


「取材に行った」とすることで「我」が前面に出しゃばることがなくなりなり、スッキリと事実を伝えることができます。


さらに「取材に行った」→「それで、党の応対はどうだった?」という流れになりますので、伝えたいことが明確になります。


こういった意味でも「さてこの段取りなのだが、」は不要です。


次に「広報が実に親切かつ丁寧。ほかの党ではウェブ媒体は別扱いするところもある中、歓迎ムードでトレビアンニュース(livedoor ニュース)を迎えてくれた。この日、党にいた取材陣はドワンゴとPJニュースなどだ。決して多くは無くまた会見場も広々とはしていない。この後移動した民主党の会見場、ラフォーレミュージアム六本木との違いは歴然としていた。」の部分についてみてみましょう。


この部分は、文のつながりがおかしなことになっていますね。


広報が親切かつ丁寧、歓迎ムードで迎えてくれた、とありますが、これに続く文の内容が取材陣の種類と数、それに会見場の広さを知らせるものとなっているからです。


「親切かつ丁寧。歓迎ムード」の後には、それが具体的にどのように親切かつ丁寧だったかを記すべきです。


「親切かつ丁寧。歓迎ムード」は意見の文やことばです。


文章中で意見の文やことばを使ったら、それに続いて事実の文やことばを使う必要があります。


意見の文と事実の文はセットで使う。これが基本です。


さらに「決して多くは無くまた会見場も広々とはしていない。」という文は「テン」が無いために読みにくくなっています。


「また」を使う際は、その前後に「マル」や「テン」を使うと、文のテンポを調節することができますので、ぜひ意識して使ってみましょう。


それから、表記の仕方についてひとつ気になることもあります。「無く」は文字通り「無い」ことをあらわします。


「決して多くは無く」の伝えたいことは「少しはある」です。


「少しはある」のに「無く」を使うのは、相反する印象を読み手に与えてしまいます。


「決して多くは無く」は「決して多くはなく」というようにひらがな表記にしましょう。


リライト例としては「決して多くはなく、また会見場も広々とはしていない。」または「少なく、また会見場は狭い」となります。


ほかに、いくつかリライトしたほうがよいと思われる箇所は以下のとおりです。

「投票当日」
→「投票日」

「ウェブ媒体は別扱いする」
→「ウェブ媒体は紙媒体とは別の扱いをされる」
 (比較対象を明記。受身形で統一)

「広報」
→「広報担当者」
 (誰が親切・丁寧にしてくれたのか。それは広報の担当者。)



<リライト例>

「総選挙の投票日にトレビアンニュースが取材に行くと、広報担当者
が親切かつ丁寧に応対してくれた。ほかの党では我々のようなウェブ媒
体は紙媒体とは別の扱いをされることがあるのだが、広報担当者は分け
隔てなく迎えてくれた。(以下、続けて親切・丁寧な具体的な様子を記
す)」



-----------------

▼【書籍出版企画】
 ■お笑いで身につく!わかりやすい文にする技術
  〜やさしい言葉で明快に伝える!日本語力の磨き方〜
  〜みるみるわかりやすい文になる12のリライト術〜

 (文章チェックリスト〈70項目〉付)

-----------------

<おすすめ書籍その他>

日本語の作文技術 (朝日文庫)
日本語の作文技術 (朝日文庫)
おすすめ平均
starsわかりやすい文章の書き方
stars文章推敲の強い見方
stars途中までならスラスラ読める
stars文章に携わる人は読んだ方が良いと思います
stars堅そうな体裁のわりに読みやすい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



理科系の作文技術 (中公新書 (624))
理科系の作文技術 (中公新書 (624))
おすすめ平均
stars手取り足取り
starsこれ1冊マスターすれば文書作成能力は格段にあがりそう
stars教科書にしたい
stars準備から校正まで
stars読んで損はない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127062352

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。