2009年08月29日

特技はハト語?

次の3つのうち、2008年ごろからメディアで取り上げられるようになった「従来の男らしさに縛られず、恋愛にガツガツせず、心が優しい主に20、30代の男性」をあらわす用語はどれか。


(1)草食系男子

(2)装飾系男子

(3)僧職系男子


正解はスグにわかりますね。

では、このクイズを元にボケてツッコんでみましょう。


「僕の夢は、大家族貧乏キャラタレントの上原美優さんと一緒に道端のいろいろな野草を食べるデートをすることです」

って、ただの野草マニアやん!


「ボク、いつも自作のアクセサリーをいっぱい身につけて街を散歩してます」

って、ただのオシャレ男子やん!


「普段はお寺でお経唱えてます」

って、ただのお坊さんやん!


こういったわかりやすい問題とわかりやすいボケなら、スグに正解することもツッコむこともできます。だから日本語を題材としたクイズ番組や本が流行っているのですね。


白黒ハッキリしているものは学校の授業の内容となったり、テレビのクイズ番組の問題となったりします。


容易に答えが導き出され、簡単に○×がつけられるから、便利なのです。


でも、私たちが生活する日常には、スグに正解できない問題があふれています。スグにツッコめないボケがたくさんあります。


現実には容易には答えを導き出せず、簡単には○×がつけられないことばかりです。


例えるならば「ことばは生き物」ですから、実際には白黒ハッキリしているもののほうが少ないくらいです。


では、現実や現状に合ったことばを使う能力はどのように身につければよいのでしょうか。


そのためには「ボケを見極める目を養い、ツッコむ技術を磨く」ことが必要です。


では、日常にありがちな例をみてみましょう



<例文>

(商用ワゴンの車体に次のように書いてある)
「カラス、ハトお電話お待ちしてます。
 ハト糞グッズ好評販売中」


なんと! 電話が使えるカラスとハトがいるとは! 
ってそんなわけないやろ。受話器をどうやって持つねん。
(↑ノリツッコミバージョン)


それにハト糞グッズって、ハトの糞で作ったものなんて汚なくてしゃーないわ!
(↑かぶせてツッコむ)


例文でも意味はわかりますよね。ハトやカラスの糞などで困っている人に向けた広告文だということは推測できます。


でも、正確でわかりやすいかというと、そうともいえません。


意図してボケておもしろくする宣伝効果を狙ってのことなら、例文のままでかまいませんが、もしもよりわかりやすくしたいなら、リライトする必要があります。



<リライト例>

(商用ワゴンの車体に次のように書いてある)
「カラス・ハトでお悩みの方、お電話お待ちしてます。
 ハト糞対策グッズ好評販売中」




「カラス、ハトお電話お待ちしてます。ハト糞グッズ好評販売中」と書く人は、たいがい「天然」です。


おもしろおかしくボケてやろうなどとはこれっぽっちも考えていません。


意図したボケではありませんから、それにツッコむのは簡単ではありません。


そもそもボケに気づくことさえ難しいかもしれません。


だからこそ「ボケを見極める目を養い、ツッコむ技術を磨く」ことができれば、現実に合った、日常で実際に使える日本語力を身につけることができるのです。


巷には容易に答えが導き出され、簡単に○×がつけられるる「日本語本」があふれています。


もちろん、そういった「○×式日本語本」も大いに役に立ちますが、現実に合った、日常で実際に使える日本語力を身につける「ボケを見極める目を養い、ツッコむ技術を磨く」方法を紹介した本は、私が知るかぎりまだ存在しません。


特技はハト語。


そんな人がいるかぎり(だぁかぁらぁ、いないってば!)、日常で使えるわかりやすくする方法はますます必要とされるでしょう。


ましてお笑いを例にわかりやすくする技術を紹介するのは、本サイトとメールマガジン「わかりやすい日本語で (Plain Japanese)」だけです。


これからも、日々の暮らしのなかでお笑いを楽しみながらわかりやすくする技術をどんどん身につけていきましょう!


▼【書籍出版企画】
 ■お笑いで身につく!わかりやすい文を書く技術
  〜やさしい言葉で明快に伝える!日本語力の磨き方〜
  〜みるみるわかりやすい文になる12のリライト術〜

 (文章チェックリスト〈70項目〉付)
 


posted by タカ at 21:49 | TrackBack(0) | 明快に伝える日本語力の磨き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126774024

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。