2009年08月24日

旬じゃなくても大丈夫?

――旬。


イケメン俳優の彼ってステキよね〜。


誰の話?


小栗旬くんに決ってるじゃない。


……さて、冗談はこれぐらいにしまして、物事には「旬」というものがあります。


桜の旬といえば春。海水浴といえば夏。というように、物事にはそれに適したタイミングや時期があります。


人間にもあります。一時期テレビによく出ていた人気タレントをめっきり見なくなったなぁと思って10年ぶりぐらいにテレビで見たら、むかしは何であんなに人気があったのかと首をかしげてしまう。そんな経験はありませんか?


人によって旬の時期も回数もそれぞれですが、どんな人にも一度ぐらいは「旬」があります。


たいていは比較的若い10代から20代ぐらいの時期に旬がが訪れます。


体力・気力ともに充実した、未来に希望を持っている若者独特の、みなぎるような光り輝くオーラのようなものを「旬」と言っていいでしょう。


物事や人間の「旬」をいち早く見極め、旬の時期に集中的にエネルギーを注入してある程度の成果をあげることができれば、大きく飛躍することができます。


どんな分野でも、成功したとみなされる人の多くはこうした「旬」を見極める、偏見にとらわれない冷静な目と、集中力と体力・気力を持ち合わせています。


とはいえ「成功」の定義は人それぞれですから、だれしも「旬」を見極める、偏見にとらわれない冷静な目と集中力と体力・気力を持ち合わせる必要はありません。


しかし、何事においても必要とされる能力があります。


それは「わかりやすくする能力」です。


実は、わかりやすくする能力を身につけるタイミングや時期はここだ! というのはありません。


固定観念に縛られない、柔軟な若い脳をフル回転できる時期のほうがいいことはたしかですが「わかりやすくする能力」を身につけるのに「旬」はあまり関係がありません。


小栗旬でなくてもかまいません(笑)。


自分の「旬」な時期がとうに過ぎていると感じていてもかまいません。


「旬」よりも大事なこと。それは、想像する力を復活させることです。


だれでも想像力をもっていますが、人によってはその力が著しく低下しています。


しかも著しく低下している人ほど、その自覚が無い傾向があります。


今この文章を読んでいるみなさんは「わかりやすくする能力」を身につけたいと願っていますから、その時点で多かれ少なかれ、意識・無意識の違いはあっても「自覚」しています。


きっと何かを手にいれればもっと「わかりやすく」できるんじゃないかと思っている。


これを裏返せば、きっと何かが足りないから「わかりやすく」できないんじゃないかと思っているともいえます。


こういった人は、すでに「わかりやすくする能力」を身につける資質をじゅうぶんに持っています。


だから、放っておいても自ら学習し、訓練し、どんどんわかりやすくする能力に磨きをかけていきます。


自分にはきっと何かが足りないんじゃないか、自分には何かが必要なんじゃないか、と自分を疑うことができるからこそ、足りないものや必要なものが何なのかを考え、イメージして、想像することができます。


こうした一見地味に思える作業を淡々と、しかし確実に行える人は想像力が鍛えられ、相手の身になって物事を考えることができるようになります。


相手の身になって考えることは、わかりやすくする基本です。


こうして自分を疑って想像力を鍛えた人は、相手の身になって考えることができるようになり、これによってかりやすく伝える能力を身につけることができ、やがてそれが自分を信じる力になります。


自分を疑うことと、自分を信じることは相反してはいません。


表裏一体なのです。


★「わかりやすくする能力」を身につけるのに「旬」は関係ない。


★自分を疑い→想像力を鍛え→自分を信じる


-----------------


日本語で生きるとは
日本語で生きるとは
おすすめ平均
stars日本、日本語、個人
stars日本語を使う日本人への問題提起
starsミステリーのような、評論集。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



読めそうで読めない間違いやすい漢字第2弾読めそうで読めない間違いやすい漢字第2弾

読めそうで読めない間違いやすい漢字 読めないと恥ずかしい漢字1500 -日本人なら、これくらいは知らなくちゃ! 読めそうで読めない漢字の本―あなたに挑戦!正しく読めますか? (二見文庫) 間違えると恥ずかしい日本語500 読めますか?小学校で習った漢字

by G-Tools


posted by タカ at 13:58 | TrackBack(0) | 明快に伝える日本語力の磨き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126376606

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。