2009年07月18日

学べる海水浴


夏だ! 海だ! 海水浴だ!


夏の定番といえば海水浴ですが、かつて海水浴には2種類あったのをご存知ですか。


海水浴の初期には、人は温水と冷水に交互に浸かっていたそうです。


そういえば、今でも温浴施設にいくとサウナと冷水を行き来する人がいますね。


それと同じように、温水と冷水に交互に浸かって健康促進にはげむというのが、初期の海水浴場では行われていたんですね。


さて、海水浴場でよくすることはなんでしょう。


もちろん海水浴ですが、ほかにすることといえば?


スイカ割り? ビーチバレー?


もっと簡単にできることといえば、砂遊がありますね。


では、砂で山を作ってみましょう。


山ができたら、その中腹あたりにトンネルを掘ります。

トンネルが山の向こう側へ貫通したら、その穴をのぞいてみましょう。


するとあなたは向こう側の風景を見るでしょう。


ですがちょっと視点を変えて、トンネルの形に注目しましょう。


トンネルの入り口と出口はどんな形をしていますか?


丸い形かもしれませんし、四角い形かもしれません。


どんなトンネルの形であれ、トンネルの入り口と出口は同じ形をしていませんか?


そこで「同」という漢字の形をみてください。


いわゆる富士山の形とはちょっと違いますが、四角い山のようの形の中心付近に「口」の形の穴を開けたと考えると、その穴の入り口と出口は同じ形をしていることがわかりますね。


だから漢字の「同」は「同じ」という意味をあらわすようになったのです。



posted by タカ at 18:19 | TrackBack(0) | 漢字なりたち物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。