2009年03月28日

「なりきって」みよう


文章を書くのが苦手だ。

そう思っている方もいるでしょう。でも、それがいいのです。

苦手意識を持っていれば慎重になります。慎重に注意深くなります。

例えば知らない場所に行くとき。

一度も訪れたことがない場所に行くときは、住所を確認したり地図を見たりするでしょう。

なぜそんなことをするのか? 

それは目的地にちゃんと辿り着けるか不安だからです。不安だからいろいろ調べるんです。

文章を書くのが苦手だ。

苦手だったらどう書けばいいのかいろいろ調べてみましょう。

もちろん、皆さんはいろいろと調べたり勉強したりなさっているでしょう。そういう方にこそぜひ、たまにはやってもらいたいことがあります。

それは「文章の達人になりきって」みることです。

自分は達人だとイメージして、なんでもいいから書いてみるのです。文章にどこか間違いがあるんじゃないだろうか。言い回しがおかしくないだろうか。そんなことは考えなくていいのです。

なぜならアナタは達人だから(笑)。

こうしてたまに「文章の達人になりきって」書いてみることは、目標とする自分に近づくために大いに役立ちます。

文章を書くのが苦手だ。だから勉強する。

それはとてもいいことです。でも、いつまでも勉強ばかりしていては「いつも勉強している人」にしかなれません。

アナタの目的は、文章がうまく書ける人、またはうまく話せる人になることではないですか?

そのためには、現在の自分と、なりたい自分との差を埋める必要があります。

埋めるための訓練をするのはもちろんですが、ときには差が埋まった状態の自分になりきってみるのです。

理想とする自分にちゃんとなりきれれば、それは自信へとつながります。

自信をもつと格段に技術が上達します。精神的な足かせがなくなることで、思い切った変化を受け入れることができるようになるからです。

文章を書くのが苦手だ。という自分に対するイメージを持ちつづけたままでは、いつまでたっても変われないのです。

たまには、理想とする人物になりきってみることです。なりきって好きなように書いてみてください。

書いたものはそのまま数日寝かしておきましょう。

そして数日後、今度は苦手意識を持った元の状態で読み直してみるのです。すると、ここもあそこも書き直したいという箇所が出てくるでしょう。

これが推敲です。

時間を置いて行う推敲のほかに「なりきり」による「違う自分」の視点を意識して持ち込むことによって、推敲の精度を上げることができます。


「なりきる」には目標をしっかりと定めて想像力を働かせる必要があります。こうして「なりきった」自分が書いたものを推敲すると、書き直したい箇所がみつかりますが、それだけではありません。


苦手意識だけだったときにはとうてい書けないであろう魅力的な文がみつかることがあります。

そういうときは、おもいっきり誉めてあげてください。

自分で自分を誉めるなんて。と思われるかもしれませんが、自分の長い所を見つけてそれを伸ばすには思いっきり誉めるのが効果的なのです。

そうすれば自信が持てるようになります。自信が持てれば、目標とする自分と今の自分との距離がどんどん埋まっていきます。


★苦手意識があるから成長できる
★達人になりきる
★「なりきり」によって推敲の精度を上げる
★長所を見つけて誉める


日本語メルマガ発行しています。
▼わかりやすい日本語で(Plain Japanese)



posted by タカ at 15:31 | TrackBack(0) | 明快に伝える日本語力の磨き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。