2009年02月22日

ポコボコと噴き出すコピー術



<コピー例>
「『紅白』観覧希望者3割減少」

ふ〜ん。ところでさぁ、駅前に新しいケーキ屋さんできたの知ってる?

こんなシーン↑はありがちですよね。

では「ふ〜ん」で終わらせないために、タイトルを工夫してみましょう。


<コピー例1>
「『紅白』観覧希望者3割減の背景」
⇒背景とはなんだろう、と知りたい欲求を刺激。


<コピー例2>
「『未納者には観覧させず』で人気減?」
⇒なにを観覧させないの? 未納ってもしかしてアレのこと? と知りたい欲求を刺激


<コピー例3>
「今年の『紅白』の観覧資格とは」
⇒観覧資格とはなんだろう? と知りたい欲求を刺激。


<コピー例4>
「今年『紅白』観覧希望者の人気度」
⇒人気度は高いのか低いのか、と知りたい欲求を刺激。


「紅白」に興味がない人であっても、コピーを読ませさえすれば「知りたい」という欲求を起こさせるにはどのようにリライトすればよいか。

そんなことを考えながらいくつかコピーを作りましょう。

コピーの候補をいくつか作れば、そのなかからターゲットとする層に
よりマッチするコピーを選ぶことができます。

目的は「ふ〜ん」で終わらせないこと。

興味をひきつけ、知りたいという欲求を起こさせたところで、最も伝えたい事柄を提示する。そうすれば、ダイレクトに印象深く相手に伝えることができるのです。


ここに沼があるとします。水は濁り、水面は波紋ひとつない穏やかさに包まれています。

そのとき、沼の底からボコボコと空気の泡が水面に噴き出してきました。

なんだろう? 沼の底からなにかが出てくるのかな?

そう思わせる工夫の、具体的な方法が「リライト技術」なのです。

ボコボコするから皆が注目するのです。

なんにも起きないところでいきなり「なにか」が沼の底から飛び出しても、だれも注目していないので、たとえ出てきたのがすご〜い生物でも、だれもにも気づかれることはありません。

すご〜い生物ってなんだろう? と思ったアナタ。

「すご〜い」を使うのではなく「すごいのではないか?」と思わせる描写をしなければなりません。

だから「すご〜い生物」なんていう使い方は避けるべきなのです。

それで、すご〜い生物ってなんだ? と気になっている人は、あなたが考えるすご〜い生物をどうやったら大々的にデビューさせて人々の注目を集めることができるかを考えてみましょう。

空想力や想像力を持つ人は、わかりやすくすることに向いています。

空想力や想像力はだれでもある程度は持っています。でも、いまは眠っているかもしれません。

空想力や想像力をはたらかせる事ができる人は、他人の空想力や想像力を刺激することもできます。

これが、わかりやすくする技術の本質のひとつでもあるのです。


日本語メルマガ発行しています。
▼わかりやすい日本語で(Plain Japanese)


【注目を集めるコピーのつくり方の最新記事】
posted by タカ at 17:13 | TrackBack(0) | 注目を集めるコピーのつくり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。